MENU

自然科学研究機構について

自然科学研究機構について

あいさつ

自然科学研究機構(NINS)は、宇宙、エネルギー、物質、生命など、自然科学研究分野を担う5つの研究所(国立天文台、核融合科学研究所、基礎生物学研究所、生理学研究所、分子科学研究所)と、4つの機構直轄センター(新分野創成センター、生命創成探究センター、アストロバイオロジーセンター、国際連携研究センター)で構成され、世界を牽引する自然科学研究分野の国際的研究拠点として国内外の大学や研究機関と共同研究を推進しています。 また近年は、研究分野の枠を超えた学際的研究にも重点を置き、独創的、かつ革新的な研究分野の創成を目指すとともに、各々の基礎研究分野のさらなる深化を図っています。

本ウェブサイトは、我々NINSが培ってきた自然科学研究分野の知識と経験、そして最新の研究成果を、いち早く我々を支えて下さっている国民の皆様へ還元するため、産業界の皆様が新たな可能性を掴む足がかりとなれば、との思いを込めて作成しました。我々が担う自然科学研究の成果の中で社会に還元できると思われるものの中から、産業界の皆様が実用化できるものを見出していただくことができましたら幸いです。 NINSは、我々が担う研究の成果と技術を、社会の中においてしっかりと実体を持った、価値ある有用なものへと焼結させるべく、産業界の皆様のお力添えを賜りながら、今まさに大きな一歩を踏み出す瞬間を迎えています。産業界の皆様におかれましては我々との産学連携を通して、イノベーションを生み出すブレイクスルーを見出していただけましたら幸甚です。

大学共同利用機関法人 自然科学研究機構長
小森 彰夫

自然科学研究機構(NINS)について

大学共同利用機関法人自然科学研究機構(NINS)は、宇宙、エネルギー、物質、生命等に係る大学共同利用機関(国立天文台、核融合科学研究所、基礎生物学研究所、生理学研究所、分子科学研究所)を設置・運営することにより、国際的・先端的な研究を推進する自然科学分野の国際的研究拠点として、全国の大学等の研究者に共同利用・共同研究の場を提供しています。これらの共同利用・共同研究の成果は、参加した大学等と大学共同利用機関の成果であり、大学の研究力強化に貢献しています。

自然科学研究機構紹介ムービー

大学共同利用機関について

大学共同利用機関は、独自性と多様性を持ちながら、それぞれの研究分野における中核的研究拠点(COE:Center of Excellence)として、重要な研究課題に関する先導的研究を進める世界トップレベルの研究機関です。世界に誇る我が国独自の学術研究推進のシステムであり、海外の研究機関や研究者との協力・交流を推進し国際的中核拠点としての役割をも果たしています。それぞれの大学共同利用機関には、外部の研究者を含む運営会議や各種委員会が設置され、研究者コミュニティに開かれた運営がなされています。また、大学の研究者による円滑な共同利用・共同研究を図るため、教員制度や中期目標・中期計画に基づく運営、評価など、機関を構築するシステムは国立大学法人に準じています。